ココナッツオイル 中鎖脂肪酸 割合

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸とは何?健康にいいの?

スポンサーリンク

ココナッツオイルの健康効果が最近ではマスコミでも盛んに取り上げられています。
一方で、カロリー過多や脂肪の取りすぎなどを心配する声も聞かれ、賛否両論様々な意見が交わされているいるのです。
このココナッツオイルに含まれている脂肪は、肉類などに含まれている飽和脂肪酸です。
この飽和脂肪酸は3タイプに分かれ、ココナッツオイルには体に良い影響を与えるとされる中鎖脂肪酸が高い割合で含まれています。
そのため、毎日一定の量を摂取しても、メリットの方が大きいと考えられるのです。
肉類と同じ脂肪が含まれるというイメージから使用を控える方もいますが、ココナッツオイルの場合には他の飽和脂肪酸とは一線を画す効果を持っているのです。

スポンサーリンク

中鎖脂肪酸には、実の所様々な健康効果があるとされています。
免疫力のアップや脂肪を燃やす効果などが例えば代表的なものとして挙げられます。
中鎖脂肪酸は、身近な食品の中では、母乳に多く含まれています。
こういった母乳を母親から与えてもらっている赤ちゃんは、この中鎖脂肪酸の免疫アップ効果を存分に取り入れることが出来ているわけです。
また、中鎖脂肪酸は非常に吸収率が高いという特徴があります。
従って、速やかな脂肪燃焼効果が得られると考えられるのです。
このような成分が含まれるココナッツオイルを常用すれば、体の抵抗力も上げていくことが出来ます。
老廃物の排出も促され、健康的にスリムダウンしていくことが可能になるのです。

スポンサーリンク