ココナッツオイル 下痢 嘔吐

ココナッツオイルで下痢!嘔吐?副作用について知っておこう。

スポンサーリンク

ココナッツオイルを摂取した時に下痢や嘔吐などの症状が出た場合は、ココナッツアレルギーを疑うのが良いです。
ココナッツアレルギーの副作用に、下痢や嘔吐などが見られるからです。
ココナッツアレルギーである場合はココナッツオイルを摂取するだけでなく、肌に塗ったりした時に赤くなったりなどという症状が見られます。
ですから、下痢や嘔吐が続くようでしたらパッチテストなどを行うのが適切です。
二の腕の裏など、肌の目立たないところにオイルを少量塗ります。
しばらくして、塗った場所が赤くなっていたりする場合、アレルギーの疑いがあるので使用を停止しておくのが賢明です。
またアレルギーではなくてもこの様な症状がある場合もあります。

スポンサーリンク

ココナッツオイルには、便秘を解消するという効果があります。
ですから、その効果が好転反応として現れてそのような症状をもたらすこともあります。
オイルには、デトックス効果が優れているため体内にある毒素を弁として吐き出してくれます。
その結果この様な症状として現れる可能性が高いと考えられるのです。
もし、好転反応でしたら暫くすれば、この様な症状はなくなるので安心です。
量を少なめにして慣れさせたり、徐々に増やしていくなど工夫をしておくのが良いです。
またココナッツオイルの効果を早く知りたいため、多く摂取しているという可能性もあります。
初めて摂取する場合など、免疫が無いために胃腸がびっくりして、下痢や嘔吐になっていることもあります。

スポンサーリンク