ココナッツオイル 歯茎

ココナッツオイルが歯ぐきケアにいい理由について。またその使い方とは

スポンサーリンク

近年、ココナッツオイルが歯周病予防に効果的であるとして注目を集めています。
歯周病は、口の中が清潔に保たれていない場合に、歯と歯茎との隙間で繁殖した細菌が原因となって引き起こされます。
また、細菌が繁殖することによって虫歯のリスクも高まってしまいます。
ココナッツオイルにはそれらの細菌の繁殖を抑制する成分が多く含まれています。
その成分はラウリン酸という名称で、抗菌作用に非常に優れているとされています。
ココナッツオイルを利用して歯周病を予防し歯茎を健康に保つ方法として、オイルプリングと呼ばれるうがいが非常に効果的です。
うがいといっても喉でするうがいではなく、オイルを口に含んで口の中をゆすぐというものです。

スポンサーリンク

ココナッツオイルで行うオイルプリングのやり方は非常に簡単です。
まず大さじ1杯ほどのオイルを口に含みます。
オイルを飲まないように注意しながら口の中にゆっくりと浸透させて、約20分ほどうがいをします。
うがいが終わったら塩水で口をゆすぐことで口の中に残った毒素もきれいに洗い流すことができます。
オイルプリングは朝起きてからすぐに行うことが効果的です。
これは、寝起きの状態が最も口内細菌が多いとされているためです。
また、オイルプリングを行ううえで注意すべき点は、稀に副作用が現れるという点です。
ココナッツオイルは、植物から抽出されたものであり、基本的に副作用はないとされていますが、稀にアレルギー反応を引き起こす場合があります。

スポンサーリンク