ココナッツオイル ニキビ できる

ココナッツオイル使うとニキビができる?脂性肌の人が使うときのポイントとは

スポンサーリンク

ココナッツオイルは、肌に良いことでたくさんの人から支持をされているそうです。
抗酸化作用が高く、肌が生まれ変わるのをサポートしてくれます。
使い続けると、シミやシワができにくい環境を整えてくれるそうです。
くすみも改善されて、透明感のある美しい肌へと導いていきます。
肌を保湿する効果が高いココナッツオイルは、脂性肌の人はニキビができる原因になることもあるそうです。
このオイルは毛穴を詰まらせやすいので、脂性肌の人が使用するときは、なるべく小鼻やおでこなど、Tゾーンを避けるようにします。
乾燥した部分にココナッツオイルを使用して、Tゾーンに引き締め効果のあるローションを使うというように、使い分けると良いそうです。

スポンサーリンク

ココナッツオイルをクレンジングとして使用すると、落としきれなかったオイルがニキビ発生につながることもあるそうです。
クレンジングとして使用する場合は、しっかりオイルを落とすことが重要となります。
肌にやさしい洗顔石鹸を洗顔用のネットでしっかり泡立てて、その泡で洗顔をすると良いそうです。
泡は逆さにしても落ちないくらいしっかり立てることが大切です。
洗浄力があるので、力を入れないでマッサージをするだけでじゅうぶん効果があります。
肌の内側の水分を逃さないために、仕上げにローションで肌を整えることも大切です。
ローションは、肌質に最適なタイプを選ぶようにします。
そのためには、自分の肌を知っておくことも大切です。

スポンサーリンク

ココナッツオイル使うとニキビができる?脂性肌の人が使うときのポイントとは関連ページ

ココナッツオイルをニキビケアに使える?その効果的なやり方は?
ココナッツオイルでニキビが悪化!それってほんと?原因はなに?