ココナッツオイル 効能 しみ

ココナッツオイルでしみケア?効果は?

スポンサーリンク

これまでテレビや雑誌などで、「健康に効く」「美容に効果的」といった謳い文句でたくさんの食品が紹介され、中には大ブームになるもののありました。
しかし、その多くは期待したほどの効能とはいえず、一過性の流行に終わるものがほとんどでした。
しかし、ごく普通の人たちが長い間、経験として「これは良い」と言い伝えられてきたものは、決して廃れることなく残り続けています。
こうしたものの1つに、ココナッツオイルがあります。
ココナッツオイルは、遥か昔からハワイやアメリカ本土の人たちが日常に使用してきた食品です。
そして、このオイルを食べたり、また顔や体に使用することでその良さを実感として捉えてきたのです。
あまりにも当たり前のものとしてあり続けたココナッツオイルが、今ようやく我が国でも紹介され、その効果が徐々に知られるようになってきました。
今回は、その効能を簡単に説明していきましょう。

スポンサーリンク

ココナッツオイルが我が国で注目されるキッカケとなったのが、ダイエットと生活習慣病への効果です。
このオイルは飽和脂肪酸が多く含まれています。
飽和脂肪酸はコレステロール値を上げ動脈硬化を呼ぶ悪名高いものですが、実はそれは動物性の長鎖脂肪酸で、このオイルはそれとは違う植物性の中鎖脂肪酸なのです。
中鎖脂肪酸は、非常に素早く肝臓で分解吸収されエネルギーとなるため、取り込んだカロリーが燃焼されやすくなります。
また善玉コレステロールを増やす作用があることから、ダイエットや生活習慣病の予防といった健康効果が高いとされているのです。
次に美容への効果ですが、このオイルはビタミンEの持つ抗酸化作用と同じ効能があり、取り入れることでしみやしわ等の肌の老化を防ぐアンチエイジング効果を発揮すると言われています。
なお、ココナッツオイルはそのまま顔や体に塗っても効果があるとされ、保湿クリームの他、オイルパックとして使用することも推奨されています。

スポンサーリンク