ココナッツオイル ワキガ

ココナッツオイルはワキガに効果ある?その理由や使い方とは

スポンサーリンク

ココナッツオイルがワキガ対策に効果的であると考えられます。
それは、ワキガの理由にお肉や油に含まれる脂肪が腋臭を悪化させたり臭いの元となるからです。
お肉や油が消化されずに体内に残り、汗や老廃物となって体外に出ようとします。
その時脇の汗から臭いを発生させてしまうと考えられます。
ですから臭いの元となってしまうお肉や、動物性の油は脇の臭いが気になるならなるべく避けておくのが適切です。
また動物性の油だけでなく、使い回しの油だったり遺伝子組み換えの油なども避けておくのが賢明です。
一方、積極的に取りたいのは植物性の油です。
特にごま油だったりココナッツオイルなどは臭いの素を断ち切るだけでなく、体に良い油とされているからです。

スポンサーリンク

ですから、料理に使用したりコーヒーなどの飲み物にいれて毎日摂取しておくのがワキガ対策の良い方法です。
また摂取するだけでなく、脇に直接塗ることにより効果をもたらします。
なぜなら、ワキガが発生する理由として脇の下に汗をかき、そのままにしておくと細菌が繁殖します。
そしてその細菌がタンパク質を分解しようとして臭いが発生するのです。
しかし、ココナッツオイルには殺菌作用があります。
それを利用して、臭いが気になる前などにしっかりココナッツオイルを脇に塗っておくことをおすすめします。
見た目はベタベタしているように見えますが、数分経てばさらっと肌に吸収されるので気になりません。
ワキガがきになるなら、ココナッツオイルで体の内側や外側から対策するのが適切です。

スポンサーリンク